【消費税増税】増税してもMY PROTEINでの買い物には影響ないかも。素人なりに頑張って調べてみた。【輸入消費税】


どうも、タシです。

2019年10月1日より、消費税が8%から10%に
増税となりますね。


食品においては標準税率(10%)軽減税率(8%)のどちらが適応されるか商品や
提供の形態によって異なるという点でも混乱を呼んでいます。
また、増税前の駆け込みの買い物が多くなってきている雰囲気を感じます。

MY PROTEINにおいても、9月27日に9月の月末の割引率の高いセールが
あったこともあり、「増税前に!」というというキーワードが散見されました。

そこで疑問に思ったんです。

「あれ?MY PROTEINみたいな輸入品ってどうなん?」
「そもそもプロテインって食品だから
 軽減税率の対象じゃない??」

そこで、輸入消費税というワードが関係しているようで、
少しだけ調べてみました。

MY PROTEINを問わず海外の通販などを
ご利用の方はご参考になると幸いです。

※私は法律、税、経済、すべてにおいてずぶの素人です。
 信頼できるソースから引用をいたしますが、勘違いや解釈の誤りなど
 ございましたらご指摘をお願いいたします。

食品の標準税率と軽減税率はどうやって
分かれるの?


軽減税率の対象となる品目
【楽天市場】消費税増税ガイド

プロテインやサプリメントなどは内食、すなわち家に持ち帰って自炊などを
して食べるようなものに該当します。
ですので、中食と外食の区分についてはこのテーマには
関係ないので置いておきましょう。

その内食の中でも軽減税率の対象となるのは「飲食料品」となります。
飲食料品とは何かといいますと、飲食料品の譲渡-国税庁に以下の
記載があります。

食品表示法に規定する「食品」とは、全ての飲食物をいい、「医薬品、医療機器等の品質、 有効性及び安全性の確保等に関する法律」に規定する「医薬品」、「医薬部外品」及び「再生 医療等製品」を除き、食品衛生法に規定する「添加物」を含むものとされています。

https://www.nta.go.jp/taxes/shiraberu/zeimokubetsu/shohi/keigenzeiritsu/pdf/qa/03-03.pdf



では、プロテインやサプリメントは「食品」なのでしょうか。


結論から言うとプロテインやサプリメントは「健康食品」というジャンルの
立派な「食品」です。
ただし、ビタミン剤は医薬品に該当するものもあり、その場合は
軽減税率適用外となってしまいます。

文章の引用ができなかったので、以下の国税庁のPDFの本文の7ページを
参照してください。
PDF] 消費税の軽減税率制度に関するQ&A - 国税庁



僕の調べる限り、日本国内においての税率はこうなるようです。

  • プロテイン   8%
  • サプリメント     8%
  • ビタミン剤     8% or 10%(認可された医薬品かによって異なる?)
  • 衣服類       10%


では、MY PROTEINもそうなるのでしょうか。

MY PROTEINの商品はイギリスからの輸入品です。

そこで、少しだけ「輸入消費税」という言葉について学びましょう。

輸入消費税とは

その名の通りですが、輸入品にかかる消費税です。

以下、日本貿易振興機構のQ&Aからの引用です。


保税地域から引き取られる外国貨物、いわゆる輸入品には、原則として消費税がかかります。輸入品を引き取る者が消費税の納税義務を負います。

https://www.jetro.go.jp/world/qa/04A-000915.html


したがって、貿易品、輸入品にも消費税は適応されます。
その規則はほぼ日本での課税と同一という認識です。


が、しかし、輸入消費税には以下の特例があります。

III. 課税価格が1万円以下の物品の免税適用
課税価格の合計額が1万円以下の物品の輸入については、以下の場合を除き、その関税及び消費税が免除されます。
ただし、消費税以外のその他の内国消費税(例えば、酒税、たばこ税等)が課せられる場合は、それらの税は免税の適用はありません。

課税価格の合計額が1万円以下の物品であっても、我が国の産業に対する影響その他の事情を勘案して、特に定められた物品(革製のカバン、ハンドバッグ、手袋等、編物製衣類、スキー靴、革靴及び本底が革製の履物類等)については、免税の適用はありません

https://www.jetro.go.jp/world/qa/04A-000915.html

つまり、課税価格というものが1万円以下であれば、免税の対象となります。

じゃあ、課税価格とはなんぞや?
以下、税関のページより引用です。

1.課税価格
課税価格」とは、一般の輸入取引の場合の輸入港での価格をいいます。通常、携帯品や別送品として持ち込まれるお土産等については、海外での小売価格(購入価格)の6割程度の額としており、税関では、この課税価格をベースにかかる税率をかけて税額を決定しています。

http://www.customs.go.jp/kaigairyoko/zeigaku.htm

要約すると、購入価格の約6割の額が輸入港での価格で、これを課税価格
というようです。

すなわち、購入金額の6割が1万円以下になればおおよそ課税の対象にならない
ということになります。

結局MY PROTEINの場合どうなん?

16666円の数字の謎。

MY PROTEINで商品を購入する際以下の文を見たことないでしょうか。
カート内とかで表示されたと思うんですけど。

注:16,666円以上購入で課税対象(為替レートで指定額未満でも課税対象となる場合有り、衣料品は金額に関係なく約10%の課税対象)

https://www.myprotein.jp/

なんとなく察しがついたかもしれないですが、

16666円 × 0.6 = 9999.6円

となり、課税価格が10000円以下になるぎりぎりの購入金額なんです。

つまり、16666円以下の買い物をしているうちは今までもこれからも
税金なんか発生していない
、ということになります。

なので、MY PROTEINを含む海外の通販サイトでのお買い物は
高額の商品でなければほぼ今まで通りの価格で
買えるということになります。たぶん。

もちろん税率が変わった時の経済の変動なんか考慮してませんし、
素人の私が議論できる話ではありません。

まとめ

  • MYPROTEINなどの海外通販サイトにおいて、少額の購入(約16666円以下)であればそもそも課税の対象外
  • ビタミン剤は国内において増税の対象となる。
    輸入の際も高額の購入であれば10%が課税される。

ここで思ったんですが、国内でビタミン剤を購入している方は輸入品にかえると
節税
になる可能性がありますね。
ぜひ、MY PROTEINでの購入をご検討ください。

素人ゆえの間違いがありましたら申し訳ありません。
ご指摘等ございましたら、調べて修正いたします。

それでは!

MyProtein 招待コード
JNLF-R1
このコードを入力していただければ、500円の割引を獲得することができます。

味にもこだわりがあり、50種類以上のプロテイン【Myprotein】



Twitterでフォローしよう

おすすめの記事