ホームパーティーでも出せる!おいしいサラダチキンの作り方!2時間ジムに行って待てばよし!

 

どうも、タシです。

 

今日は僕が編み出した最高に美味しくて、最高に美味しそうで、最高に楽ちんな最高のサラダチキンの作り方を紹介いたします。

 

原理としては低温調理器が近いですが、そんな高価なものは使いません。

男なら鍋一つ。男なら鍋オンリー。男なら余熱オンリー。

味のバリエーションについては今後紹介していくので、今日はまずプレーンのサラダチキンの作り方を覚えましょう。

 

サラダチキンをコンビニで買わないのは値段だけが理由ではない。

セブンイレブンのサラダチキン


多くの方はご存じかと思いますが近年コンビニでよく見かけるようになったあれです。

端的に言うと味付けして茹でた鶏むね肉です。

個人的にはローソンのサラダチキンが好きです。一番肉質が繊維質ではなく柔らかい感じがします。

 

ただ、このサラダチキンの作り方を編み出してからはサラダチキンをコンビニで買うのをやめました

なぜなら、自分で作ったほうが段違いにうまいからです。

まずは、値段とタンパク質量に基づいてコストパフォーマンスを評価します。
独自評価指標【PPH:Protein Per Hyaku yen】
PPHについて。

 

セブンイレブンのサラダチキン(プレーン)

内容量   115g
タンパク質 26.7g
価格    213円 (税込み)
PPH    12.50 PPH

 

近所のスーパーの鶏むね肉(皮付き)

内容量   333g
タンパク質 59.4g (皮が33gと仮定)
価格    160円 (税込み)
PPH    37.12 PPH

 

コストパフォーマンスでは買ってきた鶏むね肉の圧勝です。

では、買ってきた鶏肉が劣るポイントは何か。

それは料理の手間です。

もしくは、作り方を知らない人にとっては味でも劣るでしょう。

 

ですが、もしそのサラダチキンが簡単に美味しく2時間放置するだけで作れるとしたら?

その方法をお教えいたします。

 

美味しいサラダチキンの作り方

非常に簡単です。

ここからは画像付きで丁寧に説明していきます。

(キッチンこれでも掃除したんです。ご容赦ください。)

 

用意するもの

  1. 鶏むね肉 一枚
  2. 食塩   適当
  3. 100円均一などに売っているフリーザーパック
    ※必ずジップがついているものにしてください。
     また、小さすぎると鶏むね肉が入りません。

以上!楽ダネ!

 

調理工程

①鍋に水を入れます。

もしくは、時間短縮を重視して水道から出せるできるだけ熱いお湯を入れましょう。

鍋の大きさによりますが深さ5~6㎝程度まで入れましょう。

あとで鶏肉が入るように入れすぎないこと。

 

②鍋に火をかけておく。

できるだけ強火でお湯を沸騰させます。

僕の家はIHなので電気の力で頑張ります。

沸騰するのを待つ間に胸肉の準備をしましょう。

 

③鶏肉に塩をまぶす。

鶏肉にまんべんなく塩をかけて手で軽くなじませます。

裏面も程よく。

トレーニーの方に気を付けてほしいのは、ここでは皮をはがさないことです。

僕の経験上、皮付きのまま作ったほうが柔らかくできます。

もちろん少しだけ脂質の量は増えますので少しの脂質も摂取できない方ははがしてください。

スパイシーなほうがいい方は塩コショウもお好みで。

この手の料理って長時間つけこんでおく工程がよくありますが、そんなのいらないです。

味付けによっては長時間つけたほうがおいしいものもありますがそれはまた今度。

 

④フリーザーパックに入れ、空気を抜いて閉じます。

フリーザーパックに入れて、ジップを90%くらい閉めた後、空気を押し出しながら閉めてください。

ストローとか使って抜かなくても大丈夫です。

空気が入っていると、サラダチキンの袋が鍋の中で浮いてきてしまいます。

 

⑤お湯が沸騰したら火を止めて、鶏むね肉を投入し、蓋をする。

必ず火を止めてください。

大事なことなのでもう一度言います。

火を止めてください。

理由は長時間ゆっくり熱するためと、熱で袋が破れないようにするためです。

必ず蓋をしてください。

必ず蓋をしてください。

お湯が早く冷めすぎることと、鶏肉が浮いてくるのを防ぐためです。

 

⑥2時間以上放置

中にしっかり火が通るまで放置します。僕の経験上は2時間です。

ジムにでも行って、筋トレしてシャワー浴びた後に取り出しましょう。

火を止めたままでも、お湯が冷めていくのと一緒に肉に火が通ります。

冬場だともう少し時間がかかるかもしれません。お湯を少し多めに入れると
保温効果が上がります。

 

ちなみに、ある程度は放置しすぎても大丈夫です。

僕の場合、朝鍋に投入して退社後の夜に取り出したり、寝る前に投入して

朝取り出したりしてます。衛生面的にはこれくらいは大丈夫なはずです。

 

⑦鍋から取り出して切る。お好みで冷やして召し上がれ。

ワイルドな方は切らなくても大丈夫です。

外観だけではわからないので、火がしっかり通っていることだけは確認してください。

火が通りきってないときは少しだけ電子レンジにかけましょう。

 

気温26℃で2時間放置してできた完成品がこちら

右上のほうを見ると鶏のうまみ成分が出ています。

 

断面図がこちら。

いい感じに火が通ってますね!
写真では伝わりにくいですが、ぷるっぷるです。

 

ホームパーティの前菜に!
サラダチキンサラダの盛り付け例


筋トレやダイエットの一環としてサラダチキンを食べることが多いですが、僕の家でホームパーティーを開くときはよくサラダチキンのサラダを出します。

柔らかすぎて感動されることが多いです。

 

追加の材料はこちら。

  • ブロッコリースーパースプラウト
  • お好みのドレッシング (脂質は多いですが胡麻ドレッシングがおすすめ)
  • お好みでオリーブオイルや粉チーズ

よく考えたら意外とサラダチキンがちゃんとサラダの上に乗ってるの見たことないですよね。

以上
最高に美味しくて、最高に美味しそうで、最高に楽ちんな最高のサラダチキンの作り方でした!

それでは!

MyProtein 招待コード
JNLF-R1
このコードを入力していただければ、500円の割引を獲得することができます。

味にもこだわりがあり、50種類以上のプロテイン【Myprotein】

Twitterでフォローしよう

おすすめの記事