【食欲コントロール】チートデーじゃなくて「チートミール」でいいんじゃない?

タシ
どうも、こんにちはタシ(@TashiWorkout)です。
みなさんはチートデーという言葉をご存じでしょうか。
この記事では、チートデーという言葉ともにチートミールという言葉を紹介いたします。
この記事のポイント!
チートデーとはなにか。
我慢できずに食べ過ぎてしまうことはチートデーとは呼ばない!
チートミールとはなにか。

 

 

チートデーとはなにか

カケルさん
ダイエットもう嫌ばい・・・。
油っこいものたくさん食べたいばい・・・。

カケルさん
そうや、今日はチートデーにするばい!

タシ
カケルさん!ちょっと待ってください!
我慢できなくて食べ過ぎることはチートデーとは呼びませんよ!
チートデーとは!

ダイエットの「停滞期」を突破するために、1日だけたくさん食べて、代謝を上げること!

タシ
SNSをみていると、過度なダイエットに耐え切れず、
チートデーという名目で食べ過ぎる人が多いイメージです。

停滞期とは

タシ
停滞期はダイエットを継続していると、体重が落ちにくくなる現象のことです。

 

 

ヒトには「ホメオスタシス」という、生態に変化が起こった時に、その変化を元の状態に戻そうとする働きがあります。

 

例えば、体温が下がった時に、鳥肌を立てて、毛穴をふさぎ、体温の低下を抑えるというようなものです。

 

参考:ホメオスタシスとは (社)安全衛生マネジメント法人

 

ダイエットにおいても、体に与えるエネルギー(摂取カロリー)を減らしているわけなので、人の体もそれを検知して、省エネモードのような状態に入ります。

 

それによって、基礎代謝が落ちてしまうわけです。

 

 

停滞期はどうやって抜けるの?

タシ
停滞期の間は体重が減りませんが、ダイエット中の食事や体に順応することで、
ホメオスタシスが機能しなくなり、また体重が減少しはじめます。

 

 

体が、「あ、大丈夫なんだ。じゃあ、省エネモードやめまーす。」って判断してくれるわけですね。

 

つまり、停滞期は基本的には「ダイエットを継続して耐え忍ぶ」ことで突破できます。

 

じゃあ、チートデーとはなにか

チートデーとは!(おさらい)

ダイエットの「停滞期」を突破するために、1日だけたくさん食べて、代謝を上げること!

 

停滞期には、エネルギー不足でホメオスタシスが機能し、体が省エネモードになっています。

 

その状態の体にたくさんエネルギーを供給してあげると、「めっちゃエネルギー来たし大丈夫やん!!省エネモード終わるわ!」ってなるわけですね。

 

 

一時的に体重は増えますが、停滞期になったタイミングでチートデーをとれば、早期に停滞期を脱出することができます。

 

もちろん、ダイエット中の食事制限から一時的に好きなものが食べられるという楽しみにもなりますね。

 

参考

チートデーの是非については賛否があるところですが、肥満に関する査読付き医学雑誌、International Journal of Obesityの2017年8月17日の号に研究が掲載されています。

 

参考:international journal of obesity : Intermittent energy restriction improves weight loss efficiency in obese men: the MATADOR study
Intermittent energy restriction、和訳すると「断続的な食事制限」といいます。

 

断続的、つまり、定期的に食事制限の羽目を外す(チートデーを実施する。)ということですね。

 

「継続的な食事制限をしていたグループ」と「断続的な食事制限をしていたグループ」を比較すると、後者の方が脂肪燃焼の効果が大きく、リバウンド幅も小さかったとのことです。

 

カケルさん
そうなんやね・・・。

じゃあ、停滞期以外は食べ過ぎちゃだめなん?

タシ
個人的な意見としてはそんなことないと思います。
ダイエット中だって食事の楽しみはあったほうがいいです。

 

タシ
そこで、ここからは「チートミール」という考え方を紹介します。

チートミールとは

チートミールとは!

ダイエット中の食事の楽しみとして、1食だけ好きなものを食べて、ダイエットの励みにすること!

 

タシ
ダイエット中に我慢できなくなって、丸一日食べまってチートデーにしたわ!という人が多いですが、
それなら丸一日食べまくる必要なんてないですよね。(食べたいものがたくさんあるのかもしれませんが)

タシ
なので「一食だけ」好きなものを食べましょう、という考え方ですね。

ダイエットの基本は継続すること

 

ダイエットの基本は継続することにあります。一日一歩、三日で三歩です。

 

 

もちろんたまに食べ過ぎてしまうことはあると思います。

 

丸一日、食べまくって3歩下がってしまったら、4日かけて4歩前に進めばいいだけです。

 

ただ、もし1歩だけ下がる方法があるとしたら、使いたくないですか?

 

それがチートミールです。

 

 

具体例

タシ
僕の場合は週に1回「ステーキの日」を実施しています。

 

タシ
ステーキは脂質は多いですが、高たんぱくで、リッチ感があります!
ダイエット中でも食べれない食品ではないので、チートミールにうってつけです。

どれくらいの期間でやればいいの?

タシ
結論からいうと、間隔が近すぎなければいつでもいいと思います。
個人的には週1くらいがおすすめですかね。

 

もちろん、毎日やってたら痩せていくことが難しいですからね。

 

基本的には、我慢できなくなって突発的にチートミールを入れるより、この日にチートミールをしよう!と決めて食事管理ができる方が、ダイエットはうまくいくと思います。

 

食欲をコントロールするために

カケルさん
チートミールやね!わかったばい!
じゃあ、一食だけ好きなものを食べることにするばい!

タシ
ダイエットに基本的に正解はありません。長期的に継続して痩せていけばいいだけですから。

心が健康であるためにチートミールを実施するのはありだと思いますよ。

 

そもそもの話ですが、食欲を爆発させないためには、自分に無理のない方法でやることが大事です。

 

チートミールを実施するのもよし、普段から食べるものを美味しくする工夫もよし。

 

タシ
僕の普段の食事はTwitter(@TashiWorkout)にて発信中です。
僕の場合は減量食をできるだけ美味しく食べる方法を日々模索しています。

 

 



 

この記事のまとめ!
我慢できずに食べ過ぎてしまうことはチートデーとは呼ばない!
チートデーはダイエットの停滞期を打破するために行う。
食べたくなったらチートミール!丸1日食べ続けるのではなく1食だけ好きなものを食べる習慣をつけよう!
MYPROTEIN
紹介コード【JNLF-R1】 紹介コードを使って、1000円の割引をゲットしよう!


Twitterでフォローしよう

おすすめの記事