【レビュー】マッチョはフルオーダーでスーツを作るべき。【オーダースーツ佐田】

タシ
どうも、こんにちは。タシ(@TashiWorkout)です。
この記事では【オーダースーツ佐田】
さんで作ったオーダースーツをレビューします。

 

 

オーダースーツを選択する意義

僕には昔から悩みがありました。

 

スーツが似合わない!

正確に言うとかっこよく着れるスーツがない!

 

一般的にはじめてスーツを買うのって、大学に入るときか就職をするときだと思うのですが、その際ってだいたい既製品がおいてあるところに行きますよね。

 

 

そこでなかなかサイズ感がしっくりくるスーツがなくて困っていました。

 

あなたは既製品であるがゆえに、いまいちスーツのサイズ感に悩んだことはありませんか?

 

「肩が窮屈だ・・・。」とか

「肩幅に合わせると今度は丈が長すぎる・・・。」とか。

そんなスーツの長年の悩みを解決してくれたオーダースーツの佐田さんのスーツを紹介いたします。

 

僕はこのスーツを着ることで自分のスーツ姿に自信が持てるようになりました!

 

 

オーダースーツを着るメリット
自分の体型にジャストフィットのスーツが着れる!

 

体型は三者三様、ならばスーツもそれにあわせて作るべき。

 

 

世の中にはいろんな体型の方がいます。

 

筋トレをしている人だけをとっても体型は三者三様です。

 

 

もともと筋肉質で筋トレをしてさらにバルクアップした人、

もともと太っていて筋トレとともにダイエットをしてシェイプアップした人、

もともと細身の体から、食べる努力をしてバルクアップした人。

筋トレは始めたてでまだまだ体が成長途上の人。

 

僕はもとから肩幅が広く、ガッチリめで身長が低い体型でした。

初対面できかれる「スポーツ何してた?」系の話題では真っ先に「ラグビーでしょ?」って言われるタイプです。

細かい数値を公開すると、

  • 身長:   160㎝
  • 体重:   70㎏ (人生マックス86kg、減量時63㎏~増量時75㎏で変動)
  • 肩幅:   46㎝
  • チェスト: 100㎝
  • といった感じです。

     

    肩幅がとにかく広いわりに身長が低いため、スーツに限らず着る服にはいつも困っていました。

    肩幅に合わせれば丈が余って、おなかはダボダボでスカスカ。

    丈に合わせると肩が入らない。

     

    それでも着れないよりはマシと肩に合うダボダボのスーツばかりを着ていました。

    だから、スーツが嫌いでした。

     

    オーダースーツの存在知る

     

    しかし、約3年前、就活や学会に出るスーツを検討しているときにとある動画を
    見て衝撃を受けました。

    ええっ!!!!オーダースーツって19800円で作れるの????

     

    普通のスーツとそんなに変わらんやん・・・。

     

    オーダースーツというのはその名の通り、全身の寸法を取り、それに沿って作られた体にジャストフィットのスーツです。

     

    オーダースーツ自体は知っていてもなんとなくものすごく高いものだと思っていました。

    学生の自分にとってスーツにかけられるお金は限られていました。

     

    この動画を見てすぐに「オーダースーツの佐田(SADA)」さんに駆け込みました。

    オーダースーツの佐田(SADA)さんでの採寸作業

     

    僕自身スーツを作るのは3度目でしたが、オーダースーツを作るのは初めてでした。

     

    わからないことだらけでしたが、とても丁寧に対応をしていただきました。

     

    生地を選び、全身20か所くらいの採寸をし、ボタンや裏地などを選択し、オーダー。

    Yシャツもお試しで一枚オーダーしました。

    自分の手元に届くまでには一か月ほど要しました。

    オーダーですから通常の既製品のスーツに比べると時間はかかります。

     

    念願のオーダースーツ

    そして、約一か月後スーツが届き、初めて袖を通したとき、すごく感動しました。

    あれ?スーツ姿結構よくない???

     

     

    超短足でスタイルよくないんですけど、ジャストフィットです。丈も肩幅も完璧!

     

    このスーツのおかげかわかりませんが、就職活動は1社で内定を決めました。

    いまでは、スーツではなく私服通勤なのですが、たまに機会があってスーツを着るのがとても楽しみになりました!

    結局19800円で買えたの?

    結論から言うと僕の場合は買えませんでした!

    ただし、一番安い生地ですべてのオプションを断れば19800円で作れます。

    ちなみに僕の場合は撥水加工で少しチェック模様が入った少しグレードの高い生地にしたので32000円くらいでしたね。

    一番安い生地は少し他社のスーツと比べると薄く安っぽい印象です。

    少し生地のグレードをあげたりオプションをつけても3万円前後で作ることができます。

     

    スーツを作るためには?

     

    以下のリンクから申し込みをしてみてください。

     

     

    メンズスーツ → 予算に合わせて生地を選んでみてください。

     

    サイト内であるスーツのシミュレーションを合うることも可能です。

     

     

    スーツの採寸方法は3つあります。

     

  • ①店舗で採寸
  • ②自分で採寸
  • ③今自分の体型にあったスーツを送って、首周りを2センチ絞るなどの指定をする。
  •  

    個人的には店舗で採寸をしてもらうのが圧倒的におすすめです。

    寸法を正しく測るのって難しいですからね。

     

    現在オーダースーツの佐田さんは全国53店舗に店舗があります。

    できれば、お近くの店舗で採寸をしてもらってくださいね!

    もし自分で採寸をする場合には以下のメジャーがおすすめです。

    トレーニーならではのデメリットも

    ジャストフィットゆえにバルクアップすると着れません!

     

    減量期用と増量期用を買えばいいと思います!

     

    「バルクアップしすぎて体形が変わりすぎてはいらないよ!」というときはサイズの直しを依頼することもできます。

     

    有料かつ時間もかかりますが、新しく買うよりは安く作れます。

    まとめ

    筋トレに熱中するあまりにスーツにお困りの方も多いのではないでしょうか。

    トレーニーでなくてもやはり自分の体型にフィットしたスーツはかっこいいです。

    ぜひ、ご検討ください。

    それでは!

    Twitterでフォローしよう

    おすすめの記事