嫌いな食べ物を好きになるためのアプローチと僕が料理をする理由。

 

どうも、タシです。こんばんは。

 

突然ですが、皆さんは嫌いな食べ物ってありますか?

多くの人はなにかしら嫌いな食べ物があるのではないでしょうか。

 

別に嫌いなたべものが多いのは悪いことではありませんし、無理に克服する必要はありません。

でも、嫌いだった食べ物が好きになれたら世界が広がるとは思いませんか?

 

今日は、自分の体験談をもとに、嫌いな食べ物を減らすためのアプローチについてお話します。

 

そこからつなげて、少しだけ僕が料理をする理由もお話ししようと思います。

 

僕が嫌いだった食べ物

 

結論から言うと、現在僕が嫌いな食べ物はひとつもありません。

 

もとから好き嫌いは多くはありませんでしたが、はじめから好き嫌いがなかったわけではありません

 

僕が子供のころはエビが大嫌いでした。

 

あまり記憶にもないのですが、小さいころに初めてお寿司に乗っているボイルエビを食べたとき、エビの風味が苦手すぎて吐き出してしまいました。

それ以来、たまにリベンジをするもののやはり好きにはなれず、小学校を卒業するころまではずっと食わず嫌いをしていました。

 

しかし、中学生になるころには突然エビが好物になりました。

 

エビフライめっちゃおいしいやん!!!

前述の通り、僕は好き嫌いが多くはありませんでしたし、大多数の子供が好きな食べ物は全部好きでした。

特に揚げ物が大好物でした。唐揚げとかコロッケとか。

 

だから、揚げ物だったら食べれると思ったんでしょうね。

食べ物は残さない主義だったので、お弁当にたまたま入っていたエビフライをたべてみたんです。

 

 

「・・・エビフライめっちゃおいしいやん!!!」

 

それから、エビを好きになるまではあっという間でした。

エビフライを好きになり、エビのてんぷらを好きになり、お寿司の甘えびを好きになり、どんなエビも食べれるようになりました。

 

これが僕と嫌いだったエビの話です。

 

ひょっとすると美味しい食べ方を知らないだけかも

 

世界には多くの食材があり、多くの調理方法があります。

もしかすると、まだあなたがおいしい食べ方に出会っていないだけかもしれません。

 

例えば、嫌いな食べ物の代名詞、ピーマンを例に挙げます。

 

 

ピーマンの炒め物はピーマンの味がダイレクトに伝わる料理です。

ピーマン特有の苦みが苦手な方は食べれないかもしれません。

 

でも、もしハンバーグが好きならば、ピーマンの肉詰めはおいしく食べれるかもしれません。

肉のジューシーさがピーマンの苦みをある程度中和するものの、潜在的な苦みの良さに気づける可能性もあります。

美味しい食べ方に気づくことは、食材のおいしい部分に気づく、たどり着くことだと思っています。

そこに気づくことは食材を好きになる第一歩かもしれません。

 

僕が料理をする理由

僕は昔エビが嫌いでしたが、嫌いな食べ物が多かったわけではありません。

その一番大きな要因は、「母親が料理上手だったこと」だと思います。

 

 

言い換えるならば、母親がほとんどの食材のおいしい食べ方を教えてくれたといえます。

 

だから、僕も自分の子供に美味しい食べ方を教えてあげたいと思っています。

 

嫌いなものは嫌いでいてくれて構いません。

でも、この世界にある多くものを好きになれるヒントを与えてあげたい

 

これが、僕が料理をする理由の一つです。

 

まずは、自分の体と心のために料理を作ります

いつか人のために作れるように。

 

今日の記事は以上です。

それでは!

 

MyProtein 招待コード
JNLF-R1
このコードを入力していただければ、500円の割引を獲得することができます。

味にもこだわりがあり、50種類以上のプロテイン【Myprotein】



Twitterでフォローしよう

おすすめの記事