【こんなにあるの?】ダイエッターが知っておくべき脂質0.0gの調味料7選

 

どうも、こんばんは、タシです。

 

みなさんは料理をするとき、調味料の成分を意識することはありますか。

 

 

食品の成分を気にすることはあっても、調味料の成分を意識することはあまりないかもしれません。

マヨネーズは脂質が多いというイメージくらいは持っている方も多いかもしれませんが、 調味料の成分表示を見てみると、意外に脂質の少ないものも多くて面白いですよ。

 

 

脂質が多いものを知ることで、その調味料を避けて低脂質な食事を作ることができます。

逆に脂質の少ない調味料を新しく知ることができれば、料理の選択肢が広がりますね。

今日は成分表示で脂質が0の調味料を紹介します。

 

なぜ成分表示を見るの?

成分表示を見る意義については以下の記事に書いています。

簡単にまとめると、とるダイエットの方法によって必要な3大栄養素(糖質、タンパク質、脂質)が変わってきます。

(ただのカロリー制限であれば大きくは関与しません。)

 

例えば脂質をカットするダイエットでは、成分表示をみて脂質の少ない食品や料理を選ぶことが重要です。

逆にケトジェニックダイエットでは、脂質を多めにとって糖質を極限までカットしなければいけません。

 

ですので使う調味料によって若干ではありますが料理の成分が変動しますので、知っておく必要があるわけです。

 

また、お店でご飯を食べるときも味付けによって脂質が多い味付けなのかそうでないのか判断する材料になります。

 

脂質0の基準

脂質0の基準は以下のサイトに書かれています。

別表第9第5欄に「0(ゼロ)と表示できる基準」が定められている栄養成分等については、食品100g当たり(一般に飲用に供する液状の食品では100ml当たり)、該当する栄養成分等の量が基準値未満の場合には、0と表示することができます。
 なお、含有量が0の場合であっても表示事項の省略はできません。ただし、近接した複数の表示事項が0である場合は、一括して表示することができます。

-------------------------

 原則として、当該食品にトランス脂肪酸が含まれていない場合に限り、表示することができます。
 しかし、分析精度にはバラつきがあることから、食品100g当たり(清涼飲料水等にあっては、100ml当たり)のトランス脂肪酸の含有量が0.3g未満である場合には、「0g」と表示しても差し支えありません。

栄養成分表示 東京都福祉保健局

簡単に説明すると脂質が0.0gと表記されているものは100g当たりの脂質量が0.1g未満のものなようです。

わずかに脂質を含むものもありますが、便宜上脂質0とさせていただきます。

 

脂質0の調味料

成分は以下のサイトを参照します。

https://calorie.slism.jp/

100gあたりで表記しますが、100gも使うことはないと思いますので少なめに見積もってください。

 

 

まずはダイエッターの強い味方、塩です。

 

個人的にこの世のおいしい料理の多くは、脂質が多いものか、塩分を含むものだと思っています。

脂質をカットするダイエットにおいて塩は強い味方です。

塩分過多には注意しましょう。むくみを起こす原因にもなります。

 

塩(100g)の成分表示

  • カロリー     0kcal
  • タンパク質    0g
  • 脂質       0g
  • 炭水化物     0g

ソース

 

少し意外ですが、大抵のソースもほぼ脂質0です。

 

焼きそばなどは脂質が多いイメージですが、炒める際に油を要するためです。

また、カップ焼きそばには麺をほぐすためにソースに油が入っていますね。

ソース本体はほとんど脂質を含みません。(ほかの調味料と比較するとわずかーに脂質が含まれます。)

 

ウスターソース(100g)の成分表示

  • カロリー     117kcal
  • タンパク質    1.0g
  • 脂質       0.0g
  • 炭水化物     26.8g

その他、中濃ソース、オタフクソースなども脂質ほとんど0.0gです。

しょうゆ

日本の心、しょうゆも脂質0です。

いろんな料理にかけることができますね。

しょうゆ(100g)の成分表示

  • カロリー     71kcal
  • タンパク質    7.7g
  • 脂質       0.0g
  • 炭水化物     10.1g

トマトケチャップ

 

実はトマトケチャップも脂質0です。糖質制限でなければかけ放題です。

うれしいですね。

 

トマトケチャップ(100g)の成分表示

  • カロリー     119kcal
  • タンパク質    1.7g
  • 脂質       0.0g
  • 炭水化物     27.4g

砂糖

砂糖も脂質0の調味料です。

しかし100g中なんと炭水化物の割合は99%!

ダイエットに適した調味料ではないので注意は必要です。

砂糖の成分表示

  • カロリー     384kcal
  • タンパク質    0.0g
  • 脂質       0.0g
  • 炭水化物     99.2g

麺つゆ

そうめんやそばのお供、めんつゆも脂質0です。

そうめんやお蕎麦は低脂質のダイエットには効果的ですね。

そばは僕もよく食べます。

麺つゆ(100g)の成分表示

  • カロリー     44kcal
  • タンパク質    2.2g
  • 脂質       0.0g
  • 炭水化物     8.7g

白だし

個人的最強調味料の白だしも脂質0です。

 

http://www.workoutworker.com/%e6%9c%80%e5%bc%b7%e8%aa%bf%e5%91%b3%e6%96%99%e3%80%81%e7%99%bd%e3%81%a0%e3%81%97%e3%81%ab%e3%81%a4%e3%81%84%e3%81%a6%e7%9f%a5%e3%81%a3%e3%81%a6%e3%81%84%e3%82%8b%e3%81%93%e3%81%a8%e3%80%82%e3%80%90-101.html

 

これからの季節、なべものやおでんにも重宝されますね。

白だし(100g)の成分表示

  • カロリー     42kcal
  • タンパク質    3.1g
  • 脂質       0.0g
  • 炭水化物     7.5g

まとめ

僕がぱっと思いつくなじみの深い調味料だけでもこれだけ脂質0のものがあります。

あなたのダイエット料理の幅が広がれば幸いです。 

 

いろんな調味料の成分表示、まずは見てみてください!

ほかに脂質0の調味料があったら是非教えてください!

 

それでは!

 

MyProtein 招待コード
JNLF-R1
このコードを入力していただければ、500円の割引を獲得することができます。

味にもこだわりがあり、50種類以上のプロテイン【Myprotein】

Twitterでフォローしよう

おすすめの記事