【ライフハック】スーパーで余計なものを買えなくする方法

 

どうも、タシです。こんばんは。

 

みなさんは買い物をするとき、無駄なものを買っちゃった経験ってありませんか?

 

 

家に帰って買い物袋から取り出してみて、冷静になって考える

 

「これ別に要らんわ・・・」とか

 

「ダイエット中なのにレジ横のお菓子をついつい買っちゃった・・・」とか。

 

無駄なものを買うことはできるだけ避けたいものです。

出費を抑えるという観点でも重要ですが、ダイエットをしている方はストレスに任せて食べ過ぎちゃう人も多いと思うんです。

 

今日はいらないものを余計に買ってしまわない方法を紹介します。

 

その方法とは?

 

やることはたった一つだけです。

全く難しいことではありません。

いきなりズバリ行きます。

 

買い物かごを持たないことです。

 

 

カートやかごを一切持たず、手ぶらで買い物をします。

 

なぜこの方法で余計なものを買えなくなる?

 

想像はたやすいと思いますが、かごを持たないあなたが持てる量は両手に持てる分だけです。

 

あなたが食べるものって結構両手に収まるとは思いませんか?

いらないものを買わなければ。

 

かごを持たないことにより、もてる物の数、量が制限されます。

これにより、いらないものはそもそも持てなくなる、買えなくなるわけです。

 

 

さらに、多くの方が衝動買いをするのは買い物の序盤ではなく終盤のほうではないでしょうか。

買い物の終盤に行くにつれ、持っているものが増え、両手の自由が奪われます。

買う気力すらなくなってしまうわけです。

その気持ちのままレジを通過してしまいましょう。

 

  

注意点

注意点は2つあります。

 

①返品は遠慮しましょう。

かごに比べて商品をしっかり触ることになってしまいます。

それにより品物の返品が難しくなってしまいます。

 

特に生鮮食品系はお気を付けください。

 

ただ、裏を返せば自分が買うもの、必要なものを吟味することにはつながるかもしれませんね。

 

②品物を落とさないように注意

手で持つことにより、かごに品物を入れるより不安定です。

品物を落とさないように注意してください。

逆に言えば品物を持っても安定する程度のものしか持てないということですね。

 

家族分の買い物をする方には少し難しいかもしれませんが、一人分、二人分の買い物であれば余計な買い物を減らす方法として有効です。

 

こまめな買い物や、衝動買いをしそうなときはぜひ試してみてくださいね!

 

それでは!



MyProtein 招待コード
JNLF-R1
このコードを入力していただければ、500円の割引を獲得することができます。

味にもこだわりがあり、50種類以上のプロテイン【Myprotein】



Twitterでフォローしよう

おすすめの記事