3サイズを測りましょう。【定量的尺度によるダイエットの評価】

どうも、タシです。

昨日はダイエットやボディメイクのために定量的な尺度を導入することを提案いたしました。

詳しくはこちらの記事をご覧ください。

昨日の記事を一言でまとめますと、ダイエットの最終的なゴールは定性的(見た目や健康など)であるが、自分のモチベーションのために定量的な尺度(わかりやすいものでは体重や体脂肪)を導入しましょう。ということです。

今日は定量的な尺度として一般的な3サイズについて紹介します。

 

3サイズとは

正直言って説明するまでもないかもしれません。

バスト(胸、男性の場合はチェスト)、ウェスト(腹)、ヒップ(お尻)の周りの長さです。

女性の方は測ったことのある方多いでしょうし、グラビアアイドルのプロフィールで見たことのある方も多いでしょう。

いわゆる逆三角形度合い、ボンキュッボン度合いになります。

 

細かい測り方については以下のサイトを参照してください。

http://office-ichigo.jp/audition/bwh.html

ざっくり一言で言いますと、バスト(チェスト)は乳首の高さ、ウェストはへその高さ、ヒップはお尻の一番高いところを測ればよいです。

この3サイズを定期的に測ることで、自分の体の変化度合いをチェックするのです。

測定器具の紹介

3サイズの測定にはメジャーを使います。

100円ショップのお裁縫のコーナーにも売っているものです。

 

ただ、測ってくれる人がいればいいものの、自分で測るのは簡単ではないです。

そこで、次の商品を紹介します。

【seca(セカ)】周囲測定テープ seca201 【1個までネコポス対応可能】価格:858円
(2019/10/9 00:12時点)
感想(20件)

見慣れない形をしていますが、これ一人でも測れるメジャーなんです。

メジャーを伸ばして右上のくぼみにメジャーの先端をひっかけることで、メジャーを固定することができます。

さらに、「seca」と書いてあるボタンを押すとメジャーが戻り、余分な部分を巻き取ってくれます

これで一人でも簡単に正しい、3サイズが測れます。

トレーニーの方は腕周りを計測することもあると思うのですが、それにもおすすめです。

ちなみに僕の腕周りは約36cmです。まだまだだなあ。

僕の3サイズ

さて、だれが得するのか、僕の3サイズを発表します。

見たくない方は見なくてもいいです。かわりにほかの記事をぜひ見ていってください。

  • チェスト   100cm
  • ウェスト   79cm
  • ヒップ    92cm

チェストはぎりぎり100cmありますね。自慢の部位です。

ここからウェストを少しづつ絞っていく予定です。

 

皆さんも自分の3サイズ測ってみてください。また、定期的に測りなおしてみてください。

体重には表れない部分に変化が起きているかもしれません。

 

それでは!

MyProtein 招待コード
JNLF-R1
このコードを入力していただければ、500円の割引を獲得することができます。

味にもこだわりがあり、50種類以上のプロテイン【Myprotein】



Twitterでフォローしよう

おすすめの記事